• 第96の皿 平成の終わりに、鶏つくね

    何を隠そう、社会人デビューが平成のスタートと重なっている。
    入社試験を受けたときはまだ昭和だったのだが、
    春を待つうちに、元号が切り替わったのだ。
    数えなくても勤続年数がわかるのは、すごく便利だった。

     

    TVなどで繰り返される平成史は、大きな災害や事件、
    ときおり快挙など、実にさまざまな出来事に彩られている。
    一方、自分史においては、さしたる起伏もなく歳月を重ねてきた。
    まさに「平らかに成る」身の上で、とてもありがたく思っている。

     

    新しい元号は「令和」と発表された。
    節目の年が、また元年になるのもありがたい。
    引き続きキャリアを積み上げ、一歩ずつ前へ進もう。
    今回は、残り少ない平成を惜しんで、この料理を。

     

    鶏つくね

     

    〈つくね〉
    鶏ひき肉 500gくらい(もも2:むね1がよい)
    やまいも 5cm程度(すりおろす)
    卵白 卵2個分
    塩 小さじ1/2
    酒 大さじ4
    水 大さじ4
    しょうゆ 大さじ1
    おろししょうが 小さじ1
    片栗粉 大さじ1
    白ごま 大さじ1

     

    〈たれ〉
    しょうゆ 大さじ2
    みりん 大さじ1
    酒 大さじ1
    砂糖 大さじ2

    卵黄 お好みで
    七味唐辛子 お好みで
    粉山椒 お好みで

     

     1. 〈つくね〉の材料をボウルで混ぜ合わせ、冷蔵庫で1時間寝かせる。

     2. スプーン大の1をフライパンで両面をじっくり焼き、取り出す。

     3. 〈たれ〉の調味料を火に掛け、1を戻して照りが出るまで煮からめる。

     

     

    平成の終わりにちなんで、
    「平(たい)らに成る」食べ物を選んでみた。
    肉だねがゆるめだから、混ぜるのも手を使わずにスプーンでOK。
    これを成形せずに焼くので、自然と平らな形になるのだ。

     

    人生2回目の元号変わりで、三つの時代を生きるわけだが、
    「明治・大正・昭和」を生き抜いた人の重厚感に比べると、
    「昭和・平成・令和」の三またぎは、何とも軽やか。
    貫禄も身に付くことなく、へらへらと世を渡って行けそうだ。

  • 第95の皿 シンプルな眼で、かきたまスープ

    「象を冷蔵庫に入れるために必要な3つの手順は?」
    なるクイズが流行した時期があった。
    答えは「冷蔵庫の扉を開ける→象を入れる→扉を閉める」で、
    まじめに象のサイズ感に悩んだ人を引っ掛けるものだ。

     

    この設問は、物事をシンプルに捉える大切さの教訓として、
    ビジネス現場で好んで語られてきた話題らしい。
    本物の象をいかに冷蔵庫に入れるかというソリューションに挑んだ精神は尊いが、
    求められる正解は「単なるマニュアルづくり」でよかったわけだ。

     

    このクイズには、続きがある。
    「では、キリンを冷蔵庫に入れるために必要な4つの手順は?」
    正解は、扉を開けたあとの手順に「象を冷蔵庫から出す」を加えること。
    それから、キリンを冷蔵庫に入れ、扉を閉めるのだ。

     

    思えば料理も、細かい手順の連続である。
    「冷蔵庫の扉を開ける」を1手順に数えるなら、
    完成品をひと皿を作るためには、
    いったい幾つの手順が必要になるだろうか。

     

    今回は、なるべく手順の少ないシンプルな料理を。
    もちろん「冷蔵庫の扉を開ける」からは始めないので、
    そこのところはひとつ各自で、
    行間を読んでいただくようお願いしたい。

     

     

    かきたまスープ

     

    卵 2個
    コンソメキューブ 2個
    水 1200cc
    黒こしょう 少々

     

    1. 小鍋に水とコンソメキューブを入れ、沸騰直前まで温める。

    2. 火を弱め、ボウルに溶いた卵を流し入れ、固まるまで温める。

    3. 器に注ぎ、黒こしょうを振る。

     

    料理の手順は、作ったらそれで終わりにはならず、
    「食べる→皿を洗う→皿を拭く→皿を棚に仕舞う」まで続く。
    本当は、ここに載せるための「写真を撮る」もあるのだが、
    「食べる」の途中まで、この手順を思い出せないこともしばしばである。

  • 第94の皿 ポジティブで行こう、納豆オムレツ

    けだるい朝に乗り込んだ電車が、特急の通過待ちのためにホームで待機。
    そこで、特急通過後に流れた車内アナウンスに感心した。
    「信号が変わり次第、発車いたします」というものだが、
    乗客がとても前向きに待てる言い方だと気付かされたのだ。

     

    よく聞かれるのは「信号が変わるまで、しばらくお待ちください」というアナウンスだが、
    この伝え方では、現在強いられている「待つ」という行為が信号が変わらない限り続く、
    という事実を再認識させられるだけで、無為に待たされる乗客にとっては、
    希望がまったく見いだせない現状だ。

     

    一方、前者では「信号はやがて変わる」という小さな希望が提示されていて、
    「その暁にはすぐに発車する」という約束までなされている。
    信号待ちという事実は同じでも、「変わり次第発車」はとてもポジティブで、
    「変わるまで待て」はひたすらネガティブである。

     

    コピーライターという人種は、いつもこんなことばかり考えている。
    逆説的に恐怖訴求、絶望感をあおるコピーもなくはないが、
    いつだって広告の基本はポジティブ。ポジティブは幸せを呼ぶ。
    今回は、ポジティブな食材がたくさん入った料理を。

     

     

    納豆オムレツ

     

    卵 6個
    小ねぎ 少々(みじん切り)
    海苔 1枚(細かくちぎる)

     

    納豆 1〜2パック(お好みで・写真は黒大豆納豆)

     

    しょうゆ 小さじ1
    白だし 小さじ1
    酒 大さじ1
    粉チーズ 大さじ1
    成分無調整豆乳 大さじ4(牛乳でも)
    こしょう 少々

     

    (1)ボウルに割り入れた卵と具材、調味料をすべて入れ、箸で混ぜる。

    (2)オリーブオイル(分量外)を引いて少し熱したフライパンに1を注ぎ込み、ふたをして弱火で8〜10分ほど熱する。

    (3)フライ返しを使って十字に4等分して1片ずつ裏返し、ふたをして弱火で5〜8分熱する。

     

     

    ポジティブな気分を高めるのは、脳内神経伝達物質「セロトニン」。
    しあわせホルモンとも言われ、抗うつ剤など心の病の治療薬にも、
    この物質を増やす働きが含まれているという。
    そんなセロトニンを作り出す栄養素が「トリプトファン」である。

     

    豆腐・納豆・みそ・しょうゆなどの大豆食品や、
    チーズ・牛乳・ヨーグルトなどの乳製品、
    そして、バナナや卵などに豊富なトリプトファン。
    この栄養素をふんだんに使った料理のひとつが、納豆オムレツだ。

     

    今年は、亥年。
    前だけを見て突っ込んでいくイノシシに寄せて、
    ポジティブな1年になるよう、祈りを込めた。
    もう新年とは言い難い、1ヶ月遅れの思いである。

  • 第93の皿 平成最後の・・・さんまとミニトマトのパスタ

    慣れ親しんできた元号「平成」も大詰め。
    残り1年を切った5月以降というもの、
    何をしても「平成最後の」という枕詞(まくらことば)が
    もれなく付いてくる事態となっている。

     

    平成最後の夏休み、平成最後の運動会・・・は言うに及ばず、
    平成最後の健康診断、平成最後の秋の彼岸の墓参り・・・
    などなど、身近な出来事にも
    「平成最後の」と付けるだけで、なにやら感慨深くなる。

     

    とても便利で危険な言葉ではあるが、
    旬の味覚にも、ついつい使いたくなる枕詞である。
    言葉を置くだけで、取り返しが付かないほど
    愛おしい食べ物に思えてくるから不思議である。

     

     

    さんまとミニトマトのパスタ

     

    さんま 2尾(半身におろし、3cm幅に切り、片栗粉を振る)
    ミニトマト 10個程度(4つ割)
    しめじ お好みで
    エリンギ お好みで
    貝割れ菜 1/2パック
    大葉 1/2束(手で千切る)
    にんにく 1かけ(みじん切り)

     

    パスタ  200g

     

    オリーブオイル 大さじ2
    赤唐辛子 1本(種を除き、みじん切り)
    こしょう 少々
    しょうゆ 少々
    パスタのゆで汁 大さじ8

     

    1. オイルを引いたフライパンで、さんま、ミニトマト、きのこの順に焼く。
    2. にんにくと赤唐辛子を香りが出るまで炒め、ゆで汁を入れて煮詰める。
    3. ゆでたパスタと1を加え、しょうゆをひと回し。器に盛り、大葉と貝割れ菜を載せる。

     

     

    さんまは、通常の年であっても、食べられなくなると
    「今年の秋も終わった」と感じさせる、代表的な季節の味覚。
    そんな好物が、平成の世ではもう二度と
    食べられなくなったかと思うと、寂しさもひとしおである。

     

    夏と秋の平成は、すでに完全終了してしまった。
    平成に残された季節はもう、冬と春だけ。
    食べ物に対する執着がますます深まりそうな、
    平成30年の冬である。


    Users who have LIKED this post:

    • avatar
  • 第92の皿 この未熟もの再び、アボカドチップス

    野菜なのか? それとも、果物なのか?

    まったくもってファンタジーな存在なのが、アボカドである。

    「アボガド」と誤記されることが多いので、
    文字校正界では初歩的な要注意食材と言える。

     

    果実なのでフルーツの仲間ではあるのだが、
    清涼感も酸味も水気もないため、デザート感は一切持ちあわせていない。

    初めて知ったのだが、別名を「ワニナシ」というらしい。

    横たえたその姿は、確かに鰐の背中そのものである。

     

    この鎧のような見た目こそが、成熟度合いの判断を困難にさせる。

    当たりはずれが多過ぎるのだ。

    青果界において、こんなに品質が安定しない商品も珍しい。

    買って帰って、包丁を入れてみないと、食べ頃かどうかがわからないのである。

     

    何回裏切られても、あのねっとりしたおいしさを求め、
    そして、今日もまた裏切られた。青すぎる君よ。

    肩を落として、硬い実を見つめるうちに、ひとつのアイデアが浮かんできた。

    今回の原稿は「第57の皿:アボカドのパスタ」に続く、別レシピである。

     

    アボカドチップス

     

    アボカド 1個

     

    塩 少々

    ブラックペッパー 少々

    ドライバジル 少々

    カレー粉 少々(お好みで)

     

    1. 未成熟のアボカドを薄くスライスしておく。

    2. フライパンにオリーブオイル(分量外)を引き、1をじっくりと炒める。

    3. 皿にあけ、香辛料を振り掛ける。

     

    ハズレのアボカドの、まるでじゃがいものような硬さに、
    「だったらチップスに出来るじゃん」と気付いたのだ。

    そのまま食べたり、細かくしてサラダやパスタのトッピングにしたり。

    投手として入団した選手が、打者転向で大成したような転身である。


    Users who have LIKED this post:

    • avatar