• 聴く人

     

    音楽はCDで聴く時代からストリーミング配信される時代になった。

    曲をちゃんとフルで聴くには相応のお金を払わないといけなかったのに、

    今では自分に馴染みのない曲もアーティストも気軽に聴けるもの。

    定額制のシステムではあるが、シングルCD一枚にも満たない額で

    無限に音楽が聴けるようになったというのも過言ではないと思う。

     

     

    小学生の頃はお小遣いじゃ到底買えなかったCD。

    聴きたいと思う曲がたまったら、ツタヤに行ってアルバムを5枚くらいレンタルする。

    家に帰って、パソコン内にまとめてインストールするのが自分の中に音楽を入れる術だった。

     

    まとめて借りたアルバムは曲数が多いから、読み込みに時間がかかる。

    パソコンが熱を発しながら、ウィーンと音を立てる。

    読み込みが終わると、トースターから焦げ目のついたパンが焼きあがるように、

    カシャっと音を立ててディスクトレイからCDが勢いよく飛び出る。

    その作業を数回繰り返す。読み込みが終わったら、ウォークマンにコピーする。

     

    たまに洋楽のCDをパソコンに入れると、曲の情報が読み込まれず

    不明なアルバムと表示されてしまう。

    曲にはトラック1、トラック2、トラック3…のように数字が順番に割り当てられるだけ。

    編集が面倒なのでタイトルを打ち込まず、何の曲かよくわからないまま聴いていたりもした。

     

    今考えると、とんでもなく面倒だ。考えられない。

     

    というか、この面倒な作業を数年ぶりにして今の便利さにとことん感動した。

    わざわざツタヤに行って借りた星野源のアルバム。

    そのとき星野源は配信サービスに曲を出さない有名アーティストのひとりだったが、

    今年の夏になって配信を解禁したのだ。

     

    これから先、レンタルショップに行くこともそうそうないだろう。

    そして最近のバズ動画をきっかけに、私は未来の便利さに若干の恐怖を感じている。

     

    わたしと同じ年代の人間であれば大体が聴いたであろう、YUIという歌手がいる。

    以前はシンガーソングライターとして活動していたが、今ではFlower Flowerというバンドを組んで音楽を続けている。

     

    そんな彼女が先日、札幌の狸小路でゲリラ的に弾き語りをしている動画がTwitterで話題になった。青春どんぴしゃり、な世代のアーティストがそんなワクワクすることをしたものだから、嬉しさや現場にいた人へのうらやましさで反響は大きかった。

     

    その出来事が頭の片隅に置かれつつ、イヤホンをつけて通勤していた。

    アマゾンミュージックのアプリを開き、端末にダウンロードしている曲をシャッフル再生する。2曲目でYUIの曲が流れた。

    何百曲あるうちでたまたま当たったのか、もしくは普段は流れても気にしていないだけで動画のことがあって意識できたのか。

    「ちょうどYUI聴きたかったんだよなぁ」と学生時代の青春に浸りかけようとしたところ、ハッとした。

     

    これはアマゾンミュージック側が意図して選曲しているのではないか?

    実は今朝バズったばかりの動画をトレンドとすでに認知しており、「お前ら、YUI聴きたくなっただろ?」的なタイミングで流しているのでは?

    わたしのプレイリストは既に管理されている?

    聴いているのはなく、聴かされているような感覚に陥った。

     

    考えてみればネットの買い物は、私たちの購入履歴や閲覧履歴からおすすめの商品を勝手に紹介してくるし、一度不動産や旅行関連のホームページを開けば、グーグルの広告はそれ一色になる。情報を探しに行く時代から、情報が勝手に来てくれる時代になりつつあるのは間違いない。

     

    CDをパソコンで読む工程が不要になった私は、いずれ気になる曲を検索すらしないようになるかもしれない。スマホの上で何かを検索する、その指の動きさえ面倒と感じるのかもしれない。きっとそうなる。

    便利さと引き換えに、人間として怠惰な部分が大きくなっていくのはちょっと怖い。

    けれども、その怖さも怖さと感じなるくらい無意識に怠惰になっていくのだろう。

     

     

    夏の野外ライブは蚊に刺されないか心配になるね。

     

    おわり。

  • 有名アイドルのファンになれない。

     

    選挙の時期が近づくたび、政治に関する教養のなさを痛感するゆとりです。

    最近は、Twitter等で知識のある方たちが誰にでも分かりやすいように情報をシェアしてくださるので有難みの極みです。

     

    選挙と言うと、AKBの総選挙がふと頭に浮かぶほど社会現象になっていた時期があることを思い出します。

    最近思うのは、少し前で言う前田敦子や大島優子を推してたファンの人たちはめちゃくちゃ“強い”のではないか、ということ。

     

    先日、前から気になっていたアイドルのライブに初めて足を運んだ。

    布教したいので紹介すると、シンガーソングライターの大森靖子が率いる「ZOC」という6人組グループだ。

    大森靖子単体でも知る限りぶっ飛んでいるのだが、「ZOC」では横須賀のヤンキー、少年院上がりなどこれまた常識外れのメンバーを揃いに揃えており、ゆとり的に今までにないビビッと来たアイドルなのである。

     

    メジャーデビューも果たした彼女らだが、実際に活動している拠点はホールやスタジアムのように何千~何万人というキャパシティではなく、大きくても数百人程の小さいライブハウス、いわゆる“箱”だ。

     

     

    なぜ箱の話をするのかと言うと、学生時代から色々なライブに行き始めて気になりだしたのは会場の規模だったからだ。

    最初は東京ドームやさいたまスーパーアリーナのような最大級のキャパクラスで有名アーティストを観に行っていたのが、最近は箱にも足を運ぶようになった。

     

    圧倒的に違う距離感。誰かが叫べば、ステージに立つ人間に声が届く距離。

    話すまではいかなくとも、はっきりとコミュニケーションを取っている感覚。

    それを体感してから、いやその前から大きいキャパではおうちでテレビを見ている感が否めない。

    遠くで何か起こっていて、それを遠めから見ている少し冷めた感じ。

     

    基本的にそれでもライブは楽しいのでかまわないのだが、これがアイドルとなると途端に難しくなりそうな気がした。

    個人的にはあまりアイドルにそこまでハマったことがないのだが、その1つの理由としてアイドルとファンの距離感が分からないというのがある。

    ここで言うファン(推す人たち)はある程度の時間と金銭をかけて活動する人を指して使います。

     

     

    アーティストが曲を魅せるのに対し、アイドルは曲以上にその人を魅せる。

    (もちろんどちらも曲と人がいて成立しているので片方だけということはない。)

    だからアイドルの場合、その人に「会いに行く」ということに意味があるのだと思う。

    実際に「ZOC」のライブに行った後はまた「会いに行きたいな」と思ったし、顔と顔が認識できる距離にいるというライブの実感もすごい。

     

    だけど、超人気のアイドルの場合はどうだろう。嵐のようなジャニーズ、AKBグループ、ももクロなど。

    まず、会場の規模が大きい。

    よほど良い席じゃないと近くで見られないし、同じアイドルを推す人間がたくさんいて自分が埋没する。

    私がここにいなくても世界は回る、そんなちょっとさみしい気持ちになる。

     

     

    つまり、自分がこのアイドルに対して貢献しているという実感を得にくいのではないだろうか、と考えてしまうのである。

    そういう見方からすると、AKBグループにおける人数の多さは「なるほど」と思う。

    たくさんいるメンバーの中から自分の推しを探す。

    数あるメンバーの中から自分が選んだという特別感がある。

     

    逆を言えば、少し前のAKBでは前田敦子、今人気の乃木坂であれば白石麻衣をミーハーではなくガチで推す人たちは、私からしたらいろんな意味(主にメンタル面)で“強い”のである。

    もちろん、昔から推していたアイドルが徐々に人気が出始めてそれが嬉しくて応援し続ける人も多いと思うが、割と人気が出てからだとハマるのって難しくないのだろうか。

    その結果、ゆとりのようなミーハーが生まれるわけですが。

     

    いや、そういう状況など関係なく人気アイドルは新規ファンの心をも掴んでいくのだろう…。

    そもそもファンからすれば、好きゆえに全力で応援しているからそんな心配は毛頭ないのかもしれない。

    こういうややこしい考え方をしてしまうので、追っかけには向いていないみたいだ。

    やはりアイドルは家のテレビ、もしくはYouTubeで眺めるくらいがちょうどいいのかもしれない。

     

     

    先日の参院選はちゃんと投票に行きました。

    ようやく選挙も自分事になってきて、ちょっぴり成長した気がする。

     

    おわり。


    Users who have LIKED this post:

    • avatar
  • おすすめ力

    人ってこんなにいましたっけ?

    みんないつもどこに隠れてるの?

    とGWが来るたびに思うゆとりです。

     

    休み明けの火曜日、

    「時をかける少女」もしくは「君の名は。」的な

    10連休前にタイムリープが起こることを期待していましたが、

    もちろんないです。働きます。

     

     

    そんなゆとりは、GWは秩父に行ってきました。

     

    調べるまではどんな観光スポットがあるのか無知の極みだったのですが、

    羊山公園の芝桜や長瀞渓谷、関東屈指のパワースポット三峯神社だったり

    見ごたえのある観光スポットが多いのですね。

     

    驚いたのは、PayPayを導入している飲食店やおみやげ屋が多かったこと。

    羊山公園内にある出店でも対応していました!

    観光地として一歩進んでいるなぁと感じました。

     

     

    秩父神社の帰り道に、立派な構えのおみやげ屋を見つけたので入りました。

    名物のスイートポテトやプリン、まんじゅうなど

    たくさんのオリジナルみやげが揃っており、選ぶのが迷う迷う。

     

    入るまで分からなかったのですが、

    店内の壁を見ると、TVメディアなどの取材も来る人気店のようでした。

     

    お店のおばちゃんは気前のいい方で、

    試食を勧めてくれたり、舌が火傷するほど熱いほうじ茶も出してくれたり、

    おすすめ商品を教えてくれます。(ほうじ茶熱かったな…)

     

    観光地のお店の人ってグイグイ接客してくるので正直苦手なんですが、

    おばちゃんはひと味違いました。

     

    おばちゃんも例にもれずグイグイ系なんですが、

    おすすめしてくれる商品がもれなく美味しい。

     

    商品に限らず、現地のオススメのお店まで教えてくれました。

    女子グループで来た私たちを見て、

    「若い子同士でワイワイするなら、このお店。」「ちょっといいランチを落ち着いてたべるならここ。ちなみに肉・魚・パスタってあるんだけど、魚がおすすめ。蒸したやつ。ムニエルの。実がふっくらしていて美味しいの、コースでデザートまで付いてて…」

     

    もう止まりません。

     

    目の前で食べログの情報を開いて教えてくれるくらい、

    詳細情報をバンバン伝えてくれます。

     

    そんなおばちゃん、若い子向けのお店にも娘さんと一緒にいったりするそうで。

    「この前、ワッフルのお店に行ったけど1つが大きくて食べきれなかったの、だから若い子たちでいくとちょうどいいと思うよ。」

    って言われたけど、あなたが若い。

     

    自分でちゃんと足を運んで、その情報を世代の女の子に伝える。

    なんて商売上手…。きっと、人によっておすすめする商品も違うのでしょう。

     

    おばちゃんが、その人に合うだろうと想像力を働かせて接客してくれるところがいいなと思ったのです。

     

     

    たとえば街の服屋に入って、

    自分が見ている洋服を片っ端から勧められるとちょっと萎えるじゃないですか。

    とりあえず全部褒めて売り込んでるというか。

     

    「今日の服とかにも合わせやすいですよ」て言いながら、今日のファッションチェックもされるじゃないですか。あと、服屋の店員さんてイヤホンしてるときも、堂々と話しかけてきますけど、あのメンタルはどこで売っていますか。今すぐほし…

     

    はい、話がそれてしまいました。

     

     

    だから、自分がコピーを書くうえでもおばちゃんのマインドをリスペクトしたいなと思うのです。

     

    広告でも押し売りって、見てる人はイヤな気分になりますよね。

    ただでさえ、毎日目に入るものですし。

    クライアント業なので、ついそちら側に考えが行ってしまいがちですが、

    見る側世間一般の感覚もわかっていないとダメですね。

    広告が世間に対して、一方的なコミュニケーションで終わってしまいます。

     

     

    休暇中ですが、おばちゃんにとても勉強させてもらいました。

    ありがたや~。

     

     

    写真は、甘酒プリン。甘酒とプリンてこんなに合うんだなぁ~。

    秩父に行ったら、また食べたい味。

     

    おわり。


    Users who have LIKED this post:

    • avatar
  • ゆとり終わるってよ。

    新元号、ついに発表されましたね。「令和」。

     

    いいじゃん!かっこいいね!

    これから生まれてくる子は「令」って名のつく子が多そう!

    100年後の学生、テストで昭和と令和間違えそう~

    とか、一通りの世間話をして満足している平成生まれゆとりです。

     

    次の元号になる頃にコピペを書いているかわからないので、

    ここぞとばかりに新元号の話を書きます。

     

     

    時代が変わる瞬間って、人生でそう何度も立ち会えるわけではないと

    思うのですが、4月1日はまさにそういう日でした。

     

    朝からテレビでは新元号の話題で持ち切り。

    新橋駅を降りると、SL広場前には人だかり。

    その光景を写真・動画におさめる人たち。(さらにそれを撮る私)

    交差点ですれ違う人も、スマホを気にしながら早歩き。

    会社では、業務の傍らパソコンやスマホで中継ライブを見て…ましたよね?

     

    お祭り感というか、当たり前ですけど本当にビッグイベント。

    いつもはエイプリルフールネタで、誰が洒落た嘘つけるかな~

    なんて傍観していましたが、今年は新元号(令和)大喜利フィーバーで。

     

    私の中では、大学の入学式以来のワクワクとウキウキでした。

    毎年新元号発表してほしいと思いましたね。(←?)

     

     

    有識者懇談会に林真理子氏が参加すると知ったときは

    言葉のプロ中のプロが!とテンションが上がったのですが、

    冷静に考えてそんな大役を任せされる責任すごいな、と。

     

    3月末に会社に来ていた学生の子が、

    「全国のコピーライターから案を募集すればいいのに」と言っていて

    おもしろいアイディア~!参加したい!なーんてそのときは思っていましたが、

    今考えてみると、考案するまではいいとして、運よく候補に挙がったときのその重みたるや。

     

    周りの反応を見る限り、「令和」って好評なのですが

    きっと人によってはしっくりこない、とかダサいとかDQNっぽいとか

    ネガティブな意見もあるわけで。

     

    時代を担っていく言葉だし、世論に負けたら死ぬまでついて回りそうなことです。

    今で言うと炎上してしまったときに、広告みたいに掲載中止とかできないわけじゃないですか。

    考案者は明かされていませんが、矛先がはっきりしなくていいと思いました。

     

    そう考えると、「令和」でよかったな~なんて改めて思ったり。

    多くの人がポジティブな気持ちで新しい元号を迎えるって。

    うん、よかった。

     

    イレギュラーな話ですが、言葉の重みというか

    世に言葉を出す側の人間として引き締めていこうと

    背筋も伸びるような出来事でした。

     

     

    令和って聞いたとき、最初はれ、れいわ…?

    初めての言葉に違和感を覚えましたが、

    自分の中でゆっくりと繰り返しているうちに、馴染んでいきました。

    字面よりも音が新しいと思うのです。響きが残る元号。コピーでも大事なことだなぁ。

     

    「令和」の意味ですが、

    人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ、という意だそうですね。

    (令和っていうWikipediaのページが既にあって仕事がはやい…)

     

    気になってこちらも調べたのですが、

    平成は、「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味らしく。

    当時の説明がどんなかもわからないのですが、令和と比べるとやや堅苦しい…。

     

     

    まとめると、今までの元号よりも遥かに言葉も意味(説明)も現代人に合う表現じゃないかと思いました。

    わたしの好きな詩人は、Twitterで「かわいい」と反応していました。個人的にかわいいとは思わないのですが、たしかに「かわいい」と言えるような、そんなカジュアルさが音にある気がします。

    (平成って昭和ってかわいくないもんな)(嫌いじゃないけど)(というか好きだけど)

     

    昭和レトロブームがしばらく来てるけど、

    あと20年、30年したら平成レトロとか言われるのかな~(うっ…!)

    自分は平成の時代を当たり前に生きてきたので、平成がどんなのかうまくイメージできないのですが。

    何十年も経ったときの方が、平成ってこうだったなってわかるのかもしれません。

     

    まだ「令和」を自分の中でうまく溶け込ませられていませんが、

    来たる新しい時代を楽しみにしながら残りの平成の余韻に浸りたいと思います。

     

    写真は、日比谷公園のネモフィラ。

    ネモフィラって響きだけ聞くと毒の名前っぽいですよね。

    それだけですけど。

    おわり。


    Users who have LIKED this post:

    • avatar
  • おやすみ自由

     

    吹き抜ける風が暖かくなるに連れ、花粉が舞う季節になってきました。

    わたしは花粉症ではありませんが、聞いた話だと今は症状なくとも

    花粉はからだに蓄積されていき、ある一定のリミットを超えると発症するそうで。

    時限爆弾みたいでとても恐れています。

     

    暖かさが増す前に、冬の余韻に浸らせてください。

     

     

    千葉にある夢の国に行ってきました。

    大学で長崎から東京に上京した友人が

    「人生で一度も行ったことがないから行ってみたい」

    そういう理由でした。

    何度も訪れている自分にとってはとても新鮮なお願いでした。

     

    ところがどっこい。まさかの大雪。(雨女を通り越して、雪女…。)

    家のカーテンを開けると、朝からしんしんと雪が降っていました。

    テレビからは繰り返し大雪警報が仰がれ、

    行く気がどんどんそがれていくのですが、

    いざ着くとはしゃぐタイプの人間でよかったと思いました。

     

    天候状態がよろしくない日だったので、

    ショーも含めて屋外のアトラクションは運転中止になりました。

     

    何度も来ているわたしはあまり気になりませんが、

    初めて来た友人には、タイミング悪くて残念だなと思いつつ、

    限られたアトラクションを順々に乗っていきました。

     

    でも、友人は雪なんて関係なしにとても楽しそうで。

    帰るころには、私も満足していました。

    思い返すと、天気がいい日に行ったときよりも満足度が高かったと思うのです。

     

     

    自分なりに考える理由は、

    待ち時間が少なく、長時間並ばずに済んだこと。

    そして、乗れるアトラクションが少なかったことです。

     

    普通の日であれば「これも乗りたい、あれも乗りたい」となるところが

    運転中止だからしょうがないね、と。あきらめるしかないのです。

     

    あきらめる、というとネガティブな意味に思うかもしれませんが、

    あきらめるは古語では、「明らむ(あきらむ)」と言い、

    「物事を明らかにする」「はっきりさせる」という意味があります。(ここでへぇボタン)

    ちなみに古語では、断念するといったネガティブな意味は含まれていません。

     

    雪による運転中止で、乗り物の選択肢が絞られる。

    やりたいことが複雑さから解放されてシンプルになる。

    気持ちがラクになって充足感が生まれたのだと思います。

    なぜ気持ちがラクになるかというと、選択肢がないというのは裏を返せば

    選択するという考えを捨てることができるからです。

    こういうとき、ちょっとホッとするようなうれしさがあります。

     

     

    先日歯医者に行ったときのこと。

    そこでおすすめされた歯ブラシがよかったので、帰りの会計で注文しました。

    そしたら、受付の方に「何色がいいですか?」と5色くらいバーッと出されて。

    歯ブラシひとつ選ぶのにも我々は自ら選択しなければいけないのです。

    そのときのわたしは5色の中から1色だけ決めればいいのですが、

    ドラッグストアに行くとそうはいかない。はてしないバリエーションの歯ブラシが陳列しています。

     

    選択するということは、多かれ少なかれ頭を使いますし、

    それが自分にとってベストかどうかも人は無意識に考えています。

    そして、このような場面に1日何度でくわすことか。

    昔に比べて自由で豊かな今、選択する決定力が必要とされる…。

    だから、あきらめるしかない瞬間が訪れると荷が下りたような気分になるときがあります。

     

    気にならないし、そこまでの気持ちになる?って思うかもしれません。

    こだわりのあるものならいいですが、本当にどっちでもいいと思うことだと

    誰か決めて~~~!ってなりませんか。

    これがおかあさんからの「今晩の夕食なにがいい?」質問だったら、

    間違いなく嫌な顔をされるんですけどね。

    下手したら「なんでもいいんだったら今晩夕食なしね」って言われますよね。禁句です。

     

     

    たまには、選択できる自由という責任から離れて

    メニューが3つくらいしかない定食屋かラーメン屋に行きたいです。

     

    写真は、ランチメニューが1つしかなかったお店のオムライス。

    (コリドーにあるよ)

     

    おわり。


    Users who have LIKED this post:

    • avatar